会社設立の方法
2018年4月30日

電子定款を活用するメリット

電子定款は、データで作成された会社の定款です。

会社は会社の運営ルールを定めた定款を作る必要がありますが、それを電子化したもという訳です。電子定款のメリットの一つは、費用を抑えることが可能という点です。通常、定款の認証を紙で行った場合、印紙代4万円が必要となります。電子定款の場合は紙ではないためこの印紙代が必要ありません。つまり、その分会社設立のためのコストを抑えることが可能となります。

ただし、PDF作成のソフトやICカードリーダーなどを用意しなければなりませんから、持っていない場合は浮く額が少なくなります。これについては、ソフトを体験版で済ませる方法などを考えれば、回避することは可能です。すでに持っているケースでは、あまり気にすることはないでしょう。なぜなら、追加コストは発生しませんので、浮いたお金はその分得することとなるからです。代行業者も電子定款を使っています。

そして、機器を持っていない人はこちらを利用したほうが安くなることがあります。1万円以内で代行している業者もありますが、機材をそろえるのには少なくとも1万円以上はかかります。つまり、業者を利用したほうが得をすることとなります。しかも、業者を利用すれば手間がかかりません。すべて任せることができるからです。その分自分は将来会社が設立されたときのための仕事に専念することが可能となります。また、ノウハウのある専門家に任せた方が間違いもありません。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *