会社設立の方法
2018年5月24日

お得に電子定款を作る方法を紹介

会社設立時にルールが書かれた定款を提出する必要があります。

これは代行会社を利用すれば簡単に作成してもらう事ができるので便利です。現在は電子定款が主流となっているので専門会社に依頼すれば大幅なコスト削減が出来ます。電子定款を作るには必要な道具があるので知っておくといいでしょう。すべて揃っている方は代行会社に依頼するよりも自分で作ったほうがお得です。必要になるものはICカードリーダライタとアドビのアクロバットスタンダード、住基カードと電子証明書となっています。

これに加えてパソコンも必要になるので確認しておくと良いです。定款の作成はパソコンソフトを使う作る、出来たら電子定款にするまえに公証役場に持っていきチェックをします。専用ソフトアドビのアクロバットスタンダードを使い定款をPDFにしましょう。注意すべき部分はPDF変換をするときに電子署名挿入機能が付いているかどうかです。

フリーソフトでもPDF化できますが電子署名挿入機能は付いていないのでアドビのアクロバットを使うのが理想的と言えます。代表者の住民基本台帳カードを取得するのですが、こちらは住民票のある市町村役所で交付されるため覚えておくと良いです。電子証明書を取得してICするカードリーダライタを使います。電子証明書プラグインソフトを専用サイトからインストールして署名を行う、すべて終わったら電子定款を作成して電子認証手続きをすると終了です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *