会社設立の方法
2018年6月6日

会社設立の事務代行について説明いたします

会社設立を考える場合に、独立開業するケースとすでに個人事業として事業を営んでいて、より事業を軌道に乗せるためも会社組織にしたほうが良いという考えから会社設立を考えるという場合もあり得るのです。

会社設立に関しては、銀行の融資とも密接に絡みあっている観点から、銀行の融資案件を完遂させるという意味で、銀行主導で司法書士法人を紹介してくるスキームも多いといえます。会社設立の事務手続きを創業者自らの手でやり通すことはほとんど困難であるといえるでしょう。司法書士の先生といったプロに事務を代行してもらったほうが良いといえます。

事務を代行してもらう以上は、幾何かの手数料が発生するわけですが事務の代行はプロの仕事として請け負うわけですから、法人の設立手続きに関しては問題なくスムーズに終えることが第一になる筈です。司法書士の先生は会社設立の段階から、事務の代行という局面を通じて接していくわけですから、企業設立の理念や定款の作成等の事務、資本金の払い込み事務等についても問題なく進めることができ、法務局に登記することが可能になるのです。

銀行は中小企業等の法人融資を通じて収益を計上していきますから、会社を設立して融資のターゲットにしていくことは非常に重要な業務であるといえ、銀行が司法書士法人等に案件を紹介していくケース、起業件数が増えていくことによって司法書士法人が銀行から案件を請け負うケースも今後は増えていくと予想されます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *