会社設立の方法
2018年6月12日

会社設立の代行と連携

これから初めて会社設立を行おうという場合には、特に専門家による代行を利用して話を進めることで時間の短縮に繋がります。

また面倒になりがちな役所とのやりとりなども省力化することが出来るため、可能であれば士業の専門家に依頼してその対応を任せることが大切な場合があります。無論依頼する会社設立者側である程度は把握しなければならないことも多く、特に代行先との連携は欠かせません。特に実施しようという事業を定款に明記しなければならないですが、その言葉などで使い方や記載の方法などの注意がある事業が存在するため、所管する役所に確認を要したりします。

その分だけ連携をしっかりととっていかないと後で修正を求められたりして大変になるわけです。士業の側でもある程度は情報を持ってはいますが、会社設立時の定款や登記の文字文言についてまで細かく把握できているとは限らず、代行を依頼するよりも前に依頼する側がはっきりと理解をしておくことが大事です。その理解している内容を行政書士などに伝えることで、より確実なものを作成し修正などの指示を受けずに済む流れとなります。

依頼を出す側がしっかりと理解をしてその上で士業の専門家にそのことを伝えておきます。それを受けて士業側でも文字文言を記載するときに、注意を払いながら対応するわけです。連携をしっかりととることが非常に大切でありしかも依頼を出す側がよく考えて話をし連携を図る姿勢が求められます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *