会社設立の方法
2018年6月15日

会社設立には代行サービスがあります

会社設立には代行サービスがあるので、会社設立をする際には活用することをおすすめしています。

もちろん経営者ひとりがすべての手続きをすることができます。しかし会社設立をする段階で多くのやるべきことがあります。たとえば資金繰りもそうです。銀行などの金融機関にいってお金を借りる必要があるのです。また、顧客を集めるためのプロモーションもしなければならないでしょう。このようにやるべきべきことがたくさんあるため、会社設立の手続きにかまっている時間がありません。

せっかく代行サービスがあるのですから代行業者を利用するべきでしょう。手間の節約になるばかりか、時間の節約にもなります。では、代行にはどういったものがあるのでしょうか。たとえば商業登記を業者に任せることができます。商業登記とは、法務局にいって会社設立をしたことを伝えることです。簡単なように思えますが、法律で決められている書類を提出しなければならず、結構面倒な作業です。

しかも、書類にかくことや添付書類が間違えているともう一度やり直さなくてはいけません。商業登記法という法律を知らないと、どのようなことを書くべきなのかも分かりません。非常に難しいものなので、専門家に任せてしまうことが得策なのです。商業登記については、司法書士が代行してくれます。司法書士は町の法律家として活動していますから、会社をつくる際の法律関係の知識も詳しく知っています。相談するといいでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *