会社設立の方法
2018年6月18日

会社設立の代行業者はコスト削減ができる

会社を設立するときにはそれなりの資金が必要になります。

絶対に必要なものといえば定款で、これは会社のルールが書かれている書類です。通常定款は紙となっているので印紙代が発生します。最近ではコスト削減のために電子定款と呼ばれるものを作って提出することになっているので必見です。電子定款は紙ではなくデータとして提出するものなので印紙代が発生しないのがメリットといえます。自分で定款を作成するときにはパソコンやカードリーダーとPDF作成ソフトが必要となるので注意です。

特にPDF作成ソフトは専用の物を使わないといけないので数万円ほどかかります。制作費を総合計すると10万円近くはかかってしまうので、ここは会社設立の代行業者を利用するのが賢いです。依頼人から仕事を受けて電子定款を作成してくれる商売を行なっているところとなっています。7000円前後で引き受けてくれるところが多いためコスト削減に使えるサービスです。最近はインターネットのホームページを使って会社設立の代行業者を利用できる様になっています。

オススメの業者は法人設立後のセット契約が一切ない独立系の業者です。設立後の顧問契約を求めてくるような販売方法をしていないので安全に会社設立の代行書類を作成してもらえます。またサービスによりスケジュールが大きく違っているので調べておくといいでしょう早い業者なら最短2日営業日以内に対応してくれるところもあるので必見です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *