会社設立の方法
2018年6月24日

会社設立の代行を依頼するところ

これから会社設立を代行しようと思うときには士業の専門家に依頼をすることになります。

定款の作成などは行政書士に依頼し、その後の法人登記については司法書士に依頼するといったように、それぞれの専門家に依頼することが肝心です。また依頼をしたらすべてを士業の依頼先に丸投げをするのではなく、定期的な確認も怠れません。特に定款の作成と公証役場での認証を経て法務局での法人登記の申請などは一連の流れとして把握をする必要があります。

依頼前に段取りよく話をしておくことで、実際に必要な時間の短縮にも繋がるものです。このとき会社設立の代行では、その設立後のことも考えておくことが大事になります。設立後にも様々な手続きの流れがあり税務関係の届け出や会社の規模にもよりますが社会保険及び厚生年金などの届け出を行う必要があります。法人登記が完了次第、速やかに申請を行うことが肝心です。このとき会社設立の代行を依頼するときと同じ流れでそのまま依頼が出来る場合もあります。

行政書士や社会保険労務士、税理士などが合同で事務所を立ち上げているようなときには、一連の流れとして依頼を行うことが出来ることもあるため、最初に相談を行う意味が出てきます。またその後の各種相談事でも状況に応じて話を聞いてもらえる可能性が高まるわけです。したがって士業の専門家に依頼をするときには一回限りではなく、その後のことも見据えて考えることも必要になります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *