会社設立の方法
2018年7月9日

会社設立にはそれなりの費用がかかります

今では会社設立は誰でも出来るという事はかなり知られるようになっていますが、無料で出来るというわけではないので会社設立をする時には費用をしっかりと計算してメリットがあると考えられるようになった段階でするようにしましょう。

ざっくりと会社設立にかかる費用の内訳を言うと、公証役場に公の書類と認めてもらう事に10万円強、法務局に提出する書類の審査や手数料で10万円強、ハンコに一万円前後といった感じになって最終的にはトータルの費用は30万円強ぐらいのお金がかかることになります。

資本金の金額などによって手数料が変わるという事もありますから、一概にこれだけ必要という事は言えませんし、代行サービスを利用するというような事になるとまた変わってくるので概略の所だけを記載しましたが、これだけでもかなりかかるという事が分かってもらえると思います。会社設立をするという事は節税効果と信用力のアップを考えていると思われますが、これがそれに見合うものかどうかはしっかりと吟味をするような事も必要になります。

個人事業主としてやっていく方法もあってそれなら別にこのような費用はかかりませんから、規模が大きくなるまではそうした事で頑張っていく意という事を考えても良いでしょう。特に一でなければならないというようなものではないはずですから、会社設立はそのメリットが出来た時に考えるという事をしても良いでしょう。まずは計算をすることが必要です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *