会社設立の方法
2018年7月15日

会社設立にかかるさまざまな費用

会社設立にかかる費用は約6万円で設立が可能です。

株式会社を設立するときには、定款に貼る収入印紙代は電子定款の場合には不要ですが、基本的には4万円かかります。公証人に払う手数料は5万円、定款の謄本手数料が2千円程度、登録免許税は15万円または資本金の0.7%のうち高い方採用され、合計は21万円~25万円ほどです。合同会社の場合には電子定款では不要ですが、基本的には4万円の収入印紙代がかかります。定款の謄本手数料は扶養ですが、登録免許税は6万円または資本金の0.7%のうち高い方、合計で6万円~10万円ほどです。

合同会社を選ぶと6万円ほどの費用で会社設立することが可能です。株式会社の場合には。登録免許税と定款の認証の手数料がかかるので、合同会社よりも15万円ほど高くなります。会社設立には定款の登録だけでなく、さまざまな費用が必要です。資本金は会社に預けるお金ですので、費用ではありませんが必要なお金です。

昔は1000万円以上が必要でしたが、現在1円でも株式会社で可能で、現物出資を利用して0円とすることもできます。資本金の上限はありませんが、1000万円未満にすると、消費税の免税業者になることができます。設立するときには1000万円以下がおすすめです。法定費用は、登録免許税や手数料など200、300円からとなります。電子定款と紙の定款で約4万円ほど差がでますが、多くの人が電子定款を選びます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *