会社設立の方法
2018年8月3日

会社設立時の費用について考える

会社を起業しようと考えられた場合に、会社設立の費用がどの程度かかるかと考えられるものでしょう。

会社設立を法的な手続きのみと考えた場合には、費用を抑えた場合には20万円程度からの価格で行うことも可能です。会社の形態には株式会社や合同会社などさまざまにあります。

株式会社の場合には、おおよそ20万円程度から、合同会社の場合にはおおよそ6万円程度からの価格帯が標準的と考えられます。また、設立の手続きを専門のサービスを扱っている会社に委託した場合には手数料なども必要となります。

法的な設立のための手続きを委託することは、時間短縮などの面からメリットが高いと考えられます。そのため多少の手数料が掛ったとしても委託する方が安心と言えます。また会社設立の費用として、法的手続き以外にも事務所の開設や机やパソコンといった初期設備投資が発生することを覚えておく必要があります。

さらに会社の印鑑の作成や口座の開設も必要となるでしょう。会社として収支の管理が必要となるため収支を管理する会計ソフトの入手といったことも考える必要があります。

そのため実質的な費用と考えた場合には、法的手続きにかかるものだけではなく総括的な必要経費を事前にざっくりと算出しておくことが大切となります。また法的手続きにおいては、資本金の額や電子定款とするかどうかといった部分においてもかかるお金の幅が異なりますので、具体的にサービス提供会社と相談しながら設立を行うとよいでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *