会社設立の方法
2018年8月15日

会社設立にかかる費用を抑える方法

株式会社にせよ合同会社にせよ、会社設立のためには多くの費用がかかるものです。

そこで是非とも考えておきたいのは、会社設立に際して、少しでも費用を抑えるためにはどうしたらよいかという点です。まず株式会社を設立したいと思う場合、資本金を会社に預けることになりますが、その資本金を1、000万円未満に設定するなら、消費税の免税業者になることができると言われています。

また色々な特典を受けることも可能になると言われているため、手始めに資本金を1、000万円以下に設定することができるでしょう。また会社設立には、登録免許税や手数料といった法定費用がかかります。この点で節約したいと思うなら、紙の定款ではなく電子定款にすることができます。

紙の定款にする場合、印紙代として40、000円ほどかかるのに対して、電子定款なら印紙代は0円で済みます。ここで約40、000円近い差額が出るため、節約のためには電子定款を選ぶことができるでしょう。加えて、会社設立のためにかかるものとして、これらの他にも会社の実印作成にかかる費用があります。

基本的に印鑑はたいへん高価なものです。実印の重みがあるものにするためにも、ある程度良いものを選ぶことができますが、象牙などあまりに高級なものにしないというのも一つの知恵です。中には、高級素材の印鑑を比較的安い価格で作成できるようにしている業者がありますから、複数の業者を比較して賢く選ぶことができるでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *