会社設立の方法
2018年8月18日

会社設立に掛かる費用の調達方法

卒業後の進路として、会社設立という選択肢があります。

会社設立に憧れている方がいらっしゃると思いますが、しっかり準備しないと大変な事態に陥ります。大切な準備とは、設立に掛かる費用の調達に関することです。会社設立の費用を必要なだけ集めることも大切です。しかし、集め方にも注意しなければなりません。

自費であれば問題ありませんが、自費では到底無理であり借金をして設立するという場合は、借入先もきちんと信用の置ける金融機関を選ばなくては後々泣くはめになってしまいます。ですので借入先は慎重に選ばなければなりません。信用ある金融機関の中には、新企業を対象に創業融資という制度を設けている金融機関もあります。

信用の関係で融資を受けられない新企業のために設立時にお金を融通してくれるという制度です。リスクが低く申請までのスピードも速いので、費用の調達に利用するメリットは大きいです。ただし、借金ですのできちんと返済計画を立て、返せる見込みがある場合に限ってこの制度を利用することをお勧めいたします。

お金を返せる見込みがない場合は、助成金や補助金に頼るという方法があります。こちらは返済の必要はありませんが、補助金や助成金は国や地方自治体が求める、決まった目標のために設けられているものですので、その趣旨にそった企業を創る必要があるという制限が掛かります。

この方法で会社設立を目指す際はよく確認して準備に移る必要があります。設立のための費用調達の補助体制はあるにはありますが、それぞれデメリットがあることを理解しておきましょう。これらのデメリットを嫌うのであれば、お金をコツコツ貯めて自費で会社を興すほうが無難です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *