会社設立の方法
2018年9月6日

会社設立をするメリットとは

最近はサラリーマンとして本業の収入を得ながら、投資やインターネット上のブログや動画投稿サイトなどにコンテンツをアップするなどの方法で副業をして収入を得る人が増えています。

副業の収入が総合課税の対象であれば、所得税の税率は本業の収入と合計額で決まります。そのため副業の収入額が少ない方でも、本業の収入が多いと所得税の割合が高くなってしまいます。自営業で仕事を行う方以外でも、副業でも会社を設立して事業を行う方が節税ができる場合があります。年収が概ね400万円を超えると、個人ではなくて会社設立をして法人として申告した方が税率が引くなります。

仮に全く同じ税率であったとしても、個人事業主よりも会社の事業で税金を申告した方が必要経費が認められる範囲が広くなるので得です。会社を設立すれば法人名義で銀行・証券口座の開設ができたり、名刺に肩書を付けることで信用が得られやすいというメリットもあります。会社設立のためには、法務局に必要な書類を提出しなければなりません。最近は会社設立の代行サービスを利用することができます。

電子代行サービスを利用すると手数料がかかりますが、電子定款の作成費用を考慮すると自分で手続きをするよりも安上がりです。最近は動画投稿サイトやブログ・SNSなどに自作のコンテンツをアップして広告料収入を得る人の中にも、会社設立の代行サービスを利用して法人の立場で収益を得ている人も増えています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *