会社設立の方法
2018年9月9日

会社設立をする時は慎重に

会社設立をする時は慎重に様々な事を考えて設立すべきという事が言えます。

会社設立には数十万円のお金がかかるという事もありますが、会社設立による効果もしっかりと検討すべき事だという事があるからです。会社を設立する大きな目的は二つで節税効果と信用力のアップという事になるでしょう。この中で節税効果については年収にして800万円ぐらいまではいかないと個人事業の方が節税になるという事も考えられますし、事業内容によってはそれほど節税効果を期待できない可能性もあります。

また、信用力についてはお金を銀行から調達しないというのであれば、特に必要にならないという事も少なくはありません。クラウドファンディングで資金調達をしたり、政府や自治体からの支援で事業をするというのであれば、資本金は関係ありませんから、別に会社設立をしていなくても問題ないという事も考えられます。ですから、会社設立はこれによってどれだけのメリットが出てくる事になるのかという事を考えてメリットがデメリットを確実に上回るという事が判断できる時に初めてするという事を考えても良いのかもしれません。

それまではまずは事業を軌道に乗せるという事を優先させてそちらに全力を注ぐという事をしても良いのかもしれません。なかなか判断は難しいところがありますが、将来的にもう設立をした方がメリットが大きくなると判断できる材料がそろった所でするという事を考えても良いのかもしれない。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *