会社設立の方法
2018年9月21日

会社設立前に行なうべき準備

スムーズに会社設立の手続きを進めるために、事前の準備は欠かせません。

まず初めに、会社の設立を発起し出資する発起人を決めておくことができます。基本的にこの発起人が、会社設立までの様々な責任を負うことになっています。会社設立前に行なっておくべき準備の中には、事業計画の立案があります。例えば、主な事業内容や会社概要、経営概要、製品とサービスについて、さらには資金計画など、簡潔な事業計画書を作成しておくようにしましょう。また、会社設立には資金の準備も欠かせないと言えます。

業種やサービスによって、必要な資金の額は違ってくるものの、どんな会社であれ設立するためには資金が必要です。必要な資金を準備すると同時に、その金額を定款と登記事項に記載することが求められています。会社に関する基本事項を決定しておくというのも、会社を設立する前に行なっておくべき大事な準備の一つです。ここで言う基本事項には、会社名の決定や会社の住所、事業内容の決定、また事業年度の決定、さらには会社役員の任期など期間の決定も含まれています。

実際、このような手順に従って準備を行なうと、会社全体についての明確なイメージが浮かび上がってくるため、設立後すぐに事業を始めることができるというメリットがあります。加えて、会社の登記手続きをする際には実印が必要です。そのため実印はもちろん、他にも代表者印や社印、銀行印なども一緒に準備しておくなら何かと便利でしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *