会社設立の方法
2018年10月6日

会社設立でかかる費用

会社設立でかかる費用についてですが自分で設立手続きも含めてするのがやはり一番安く費用は抑えられます。

しかし初めての方にとっては特に会社設立の手続きは複雑で大変です。ですから大抵、会社設立の代行企業を利用して準備するケースがほとんどです。では実際にかかる費用についてですが、定款認証印紙代に40000円・定款認証手数料に52000円・登録免許税に150000円で合計242000円になります。定款を電子定款で作成することで費用を削減することも出来ます。

電子定款を作成した場合には定款認証印紙代の40000円が必要なくなりますので、全体では202000円になります。あとこの費用に代行手数料がかかります。代行手数料はそれぞれの代行企業によって変わって来ますが、だいたい数千円から数万円で済むところが殆どになります。

代行企業も会社設立の方のサポート業務で行いますので、設立の後のアフターフォローも大切にしています。様々なサポート業務がありますが、いくつかご紹介しますと、設立前から設立後と長期にわたりフォローしてくれて非常に頼りになる存在です。設立前ですと融資銀行の紹介や企業に関するアドバイスがあります。

他には従業員の斡旋のお手伝いや助成金や各種制度を最大限利用して一番メリットのある会社設立などがあります。設立後は、経理スタッフの雇用のお手伝いや決算業務や会計業務・経理業務と記帳代行などの顧問料をお支払いすることにより年間を通して長期でサポートしてくれます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *