会社設立の方法
2018年10月12日

会社設立の費用を得る

会社設立の費用を得る方法としては、常識的には自分自身で貯めておくか、あるいは銀行を始めとする金融機関からの融資を受ける方法があるでしょう。

ですが、会社設立の規模によっては、必要な費用を自分で貯めるにはそれこそ何十年もかかり、到底現実的でない場合もあります。金融機関から借りるにしても、将来性が十分に分からない時点で多くのお金を貸してくれる金融機関などそうそうあるものではありません。

別の方法としては、必要な費用の出資を募るという方法があります。会社設立の理念や目的に共感してくれる人にお金を出してもらうわけです。株式会社という会社形態は基本的にこの目的のためのものです。

つまり、株式を発行してそれを購入してもらい、必要な資金に充てようとするわけです。株式というのは、よく誤解されている点ではあるのですが、決して借用書ではありません。つまり、購入した株式をその会社に持っていっても買い取ってもらうことはできません。

もちろん会社側としてもその株式を買い取って現金を渡す義務はないのです。その意味では融資とは異なり、本当にその会社の理念や将来性に期待するからこそお金を出して支援するという意味合いになります。

この考え方を現代風により発展させて、仮想通貨を発行することにより必要なお金を集めようとする動きも最近では見られます。インターネット上で発行でき購入できる仮想通貨は、株式よりもより広い範囲の人に直接アピールできる利点があります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *