会社設立の方法
2018年10月18日

会社設立の登記費用について

会社設立をする際に避けては通れないものが商業登記です。

商業登記を行う際には、基本的には司法書士に依頼することになります。司法書士に依頼をすれば、当然のことながら司法書士報酬が必要となります。数万円程度の負担ではあるのですが、これから会社設立をしようとする経営者にとっては負担が重くのしかかるといっても過言ではありません。

ですから、なるべく安い費用で商業登記を行ってくれる司法書士を探すことが非常に重要です。商業登記のやり方は法律で決まっていますので、依頼がしやすいと感じる司法書士に頼めば良いでしょう。司法書士報酬を比べてみて安いところを選ぶことも非常に重要です。

もしもどの司法書士に依頼すれば良いのかわからないときには、近くで活動している司法書士に頼んでしまうのも選択肢の1つになります。また、どうしても司法書士報酬の費用を節約したいと考えているのであれば、自分自身で商業登記を行ってしまうのも1つの方法です。

特に法律が詳しい場合には、手間なく商業登記を行える可能性もあります。ただし、初めて商業登記を行うような素人の場合には時間がかかってしまいますので、無理をせずに司法書士に任せてしまうことをお勧めします。

そのほうが時間の節約になって、経営努力を進めることができるからです。任せてしまえる会社設立の商業登記については、費用をかけてでもまかせてしまった方が得策だと考えています。まずは気軽に司法書士に相談しましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *