会社設立の方法
2018年10月24日

会社設立の費用を抑えることができる

会社設立費用を節約するのに使えるのが、電子定款を使うことです。

電子定款は紙とは違って印紙税がかかりませんので、4万円が節約できます。ただし、作成に必要な物を持っていない場合は買うとそれくらいになってしまうので、そういう人が安くしたいなら代行業者を使う必要があります。代行業者は、会社設立代行の費用を数千円から1万円前後でやっていることも少なくありません。

電子定款を使ってくれうので、印紙税も負担しなくても良く、差額分が丸々浮くこととなります。4万円にはなりませんが。3万円前後はお得になるわけです。代行業者の中には無料でやっていると宣伝しているところもありますが、それは何も無条件で会社設立を無料で代行してくれるわけではないところには注意が必要です。

必ず何かしらの考えがないとゼロ円でサービスを提供するはずがありません。では何で利益を出すのかというと、会計ソフトの年間契約や顧問契約といったものです。一般の会社の場合は前者はよく見かけますし、税理士がやっている場合は後者をよく見かけます。

無論、無料になるからと言って無理にそれらも利用する必要はありません。代行業者は無料ではなくても格安な費用で会社設立代行をしており、サービスの利用を約束しなくてもさすがに無料にはなりませんが、十分お得な費用で設立代行をしてもらうことが可能です。利用するのも簡単ですので、コストと手間を省きたい人には利用をおすすめできます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *