会社設立の方法
2018年11月6日

会社設立手続きは代行会社へ頼んで費用を節約

近年わが国は政府の後押しもあって起業ブームと言われており、脱サラをして新たに会社を立ち上げる方も増えてきました。

会社設立にあたって様々な手続きが発生しますが、昨今のデジタル化に伴いインターネットを使えば専門的な知識も簡単に習得でき、必要な書面を自分で作成することも可能となっています。少しでも初期費用を節約したい起業家にとってはとても助かりますが、実は会社設立に関してはすべて自分で行ってしまうよりも代行会社を利用する方が費用が安く済む、という驚きの事実があります。

その理由は印紙代で、代行会社を利用すれば紙で作っていた定款を電子定款という形で公証役場に提出できるため、印紙代4万円がまるごと節約できるからです。では自分で電子定款を作ればよいと思われがちですが、手間と時間がかかりICカードリーダーやパソコンソフトなどにかかる費用も必要で、たった1回の会社設立のためにそれほどの労力と費用をかけるのは非現実的でしょう。ただ気を付けなければならないのは代行会社の選び方で、近年の起業ブームに伴い代行会社も増えていますが、中にはゼロ円設立といった驚きのサービスをうたう会社も存在しています。

これにはからくりがあり、会社を設立する手続きを無料で行う代わりに税理士との顧問契約が必須と言った縛りが付いてくるケースが多く、税理士をすぐに雇うつもりのない方や自分で選びたい方には不向きです。こういった条件がない会社を厳選して見極めましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *