会社設立の方法
2018年11月9日

会社設立の費用はどのくらいかかるの?

会社設立費用は『何の会社をやるのか』『規模はどのくらいのものなのか』『事務手続きに専門会社を使うのか』の三要素で変わってきます。

現実空間にお店をもって、店員も雇いたいというのであれば設備費を含めて相応の額になるでしょう。逆にネットショップで実質的なお店は自分の家で良いというなら、実質的な会社設立費用は事務手続きの分だけという事になります。会社を安く作る事を専門としている事務所などに書類手続きを依頼するかどうかで、いくらか変わって来たりします。

その辺りを計算に入れるとしたら最低二十万二千円で、最大でも三十万円くらいが相場です。定款認証手数料で二万五千円、法務局に払う登録免許税十五万円という事になっています。後の費用は会社設立を代行を依頼した場合の誤差という事で考えていただけたらと思います。税理士とのセット契約になっている場合もあったりしますので、その時は三十万円以上になってしまう事も残念ながら出てきます。

逆に代行サービスを頼んだために一部印紙代などがかからないで済んだために安くなったというような事もあります。この辺りの書類を自分で作ってしまうという手段も無いでは無いです。ただ、以前にそういった経験があるならば話は違いますが一から書類を作るのはとても大変です。率直にいって相当に難しく手間がかかります。そういった事を考えるのであれば、自分の目的に合ったサービスを提供してくれる会社を探す事は決定事項としておいた方が話は早くなってきます。上手く調べて適切に使う事が重要という事です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *