会社設立の方法
2018年11月15日

会社設立の費用を削減するには電子定款が有利

会社設立の費用を削減するには電子定款が非常に有利です。

これまで定款を作成する際にはその書類を印刷し、内部に記載されている金額に応じた収入印紙を貼付しなければいけなかったのですが、電子定款の場合にはこの収入印紙は不要となるためその分の費用を削減することができると言うメリットがあります。しかしこれまでの会社設立において定款に印紙税を支払う事は法律で義務付けられていることであり、その費用を削減する事は様々なトラブルを生む元になると考えられている面がありました。

また電子的にこれを提出する事は法律上問題となる危険性があると考えられていたことから、ほとんどの場合には従来通り上の定款が提出されていたのです。その原因はこの書類に対する従来の認識にあります。従来は定款は契約書の1種とみなされており、日本国内では印紙税法の対象となるため記載されている金額に基づき印紙税を支払わなければいけないと言う決まりになっていました。

現在でも印刷されたものについては印紙税法の対象となるため、印紙税を支払わなければいけない決まりとなっています。しかし会社設立の効率化を図るために、設立における定款の作成については電子定款による提出も認められるようになり、またこれについては印紙税を適用しないことになっていることから、電子データを利用することでこの費用を削減することが可能となります。加えて万が一変更等が発生した場合電子的に修正し再提出を行えば良いため、作業効率が高まると言うメリットもあるのです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *