会社設立の方法
2018年11月21日

会社設立をする場合の費用

会社を設立するにあたって幾らぐらいのお金がかかるのかといいますと、これに関しては会社の種類によって大きく異なります。

株式会社を設立したいのかそれとも合同会社を設立したいのかによって、かかる費用がかなり変わってきます。全体的なコストを考えれば、株式会社よりも合同会社の方が安く済みます。それは、合同会社であれば最終的なコストは6万円から10万円程度で済むからです。

一方株式会社の場合には設立までに21万円から25万円程度かかりますので、金額面で言えば圧倒的に合同会社の方が費用は安くなります。また会社設立を代行会社に依頼して行うこともできますがその場合には法定費用以外に代行手数料もかかってきますので、さらにコストがかさみます。ただし事業主自らか会社設立の手続きをすることも時間はかかりますが、一応は可能です。

現在はインターネットから会社設立の手続きの仕方を分かりやすく解説をしているサイトもありますので、そうしたサイトを閲覧することで事業主自らが会社設立の手続きをすることができます。さらにもっと会社設立の費用を安くした場合には、定款作成を電子定款に選択することです。

通常の定款作成では収入印紙代が4万円かかりますが、電子定款を選択することでその4万円が必要なくなります。ただし電子定款を作成するにあたっては専用機器が必要になりますので、そちらを用意しなければいけません。合同会社であればこの電子定款にすることで、最安の6万円で手続きが行えます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *